【一人暮らし必見!】インターネット回線の選び方とおすすめを要チェック!

一人暮らしで使うインターネット回線は、ファミリー層と違って、選び方が少し違います。

基本は同じですが、自分だけの用途に合わせて選んでしまいましょう。

 

また一人暮らしをする人の中には、引っ越しをよくする人も多いはずです。

引っ越しでも損をしない選び方があるので、参考にしてみてください。

一人暮らしで使うおすすめインターネット回線:光回線編

一人暮らしを始めると、今まで家族で暮らしていた人は、環境が全て変わります。

インターネット回線も同様に、自分に合わせた回線を選ばないと、損をしてしまうので注意しましょう。

 

初めて一人暮らしをする人は、どこのインターネット回線を選ぶべきかわからないでしょう。

そこで一人暮らしにちょうどいいインターネット回線だけを、6社まとめてみました。

戸建てマンション
So-net光プラス1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目~:5,580円
1~24ヶ月目:2,480円
25ヶ月目~:4,480円
auひかり1~12ヶ月目:5,100円~6,300円
13~24ヶ月目:5,000円~6,300円
25ヶ月目~:4,900円~6,300円
3,800~6,000円
NURO光4,743円~7,124円1,900円~2,500円
ソフトバンク光3,900円~7,200円3,800円~4,900円
ドコモ光5,000円~5,200円3,800円~4,000円
excite光4,360円3,360円

選んだインターネット回線は、基本的に光回線を選ぶといいでしょう。

使い放題なので、データ容量を気にせずインターネットが楽しめるからです。

  • 月額料金
  • 割引(スマホ料金も含める)
  • 引っ越しの有無
一人暮らしでインターネット回線を選ぶ場合は、上記のポイントを意識しましょう。

6社の中でも、自分の合ったものを選ぶと、さらにお得にインターネットが楽しめます。

具体的に紹介するので、ひとつの目安として考えておいてください。

So-net光プラス

So-net光プラスは、月額料金が安いのがポイントの光回線です。

次の割引が適用されるため、お得にインターネットが使えるでしょう。

  • ネット月額料金 割引特典
  • auスマートバリュー
auのスマホを使っているのなら、スマホ料金も安くなるので、一人暮らしでインターネットを使うならauユーザーはかなりおすすめです。

しかしその割引も、3年目以降はなくなってしまいます。

長期で使う予定のauユーザーなら、次のauひかりを使うのもいいでしょう。

auひかり

auひかりは、ほとんどの光回線が利用するフレッツ光回線ではありません。

独自回線を使うため、安定した通信が可能です。

 

もちろん「auスマートバリュー」も使えるので、一人暮らしのauユーザーなら損をしません。

So-net光プラスと違い、3年目以降に料金が高くなる心配がないのも魅力のひとつです。

長期でauひかりを使うつもりなら、損をせずに使い続けられます。

NURO光

NURO光は、光回線の中で1番高速通信ができるサービスです。

一人暮らしでオンラインゲームや、高画質の動画を見る人には、かなり相性のいいインターネット回線といえるでしょう。

それに加えて、月額料金がそこまで高くありません。

 

Softbankユーザーなら、スマホ料金をお得にできる「おうち割 光セット」が使えるので、契約してみましょう。

コスパを求める人にも、使ってストレスを感じない光回線です。

しかしNURO光は、対応エリアが限られています。

対応できない場所でインターネット回線を使う場合、Softbankユーザーなら、次のソフトバンク光を使いましょう。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、全国で使えるフレッツ光の回線を使っているため、ほとんどのSoftbankユーザーは安心して使えます。

「おうち割 光セット」を使えば、スマホの割引をしてもらえるでしょう。

トータルで見てもお得になるので、一人暮らしのSoftbankユーザーは、ソフトバンク光を使ってみてください。

ドコモ光

一人暮らしをしていてドコモユーザーなら、ドコモ光を使うとお得にインターネット回線が使えます。

「ドコモ光セット割」という割引は、離れた家族もドコモユーザーなら、割引してもらえるでしょう。

1回線1,000円の割引なので、かなりお得になる人もいるかもしれませんね。

 

またドコモ光は、たくさんあるプロバイダから、1つ選べるプランが魅力的です。

一人暮らしだからこそ、自由にプロバイダを変えられるので、通信速度によって変更して見るといいでしょう。

excite光

一人暮らしなら、引っ越しをする可能性もゼロではありません。

多くの光回線では、契約期間内に解約をしてしまうと、多額の違約金を請求されてしまいます。

 

そこでexcite光を選ぶと、いつ解約しても違約金が発生しないので、引っ越しの多い一人暮らしの人におすすめです。

しかも月額料金もそこまで高くないので、無理をしてインターネット回線を使わなくても構いません。

一人暮らしで使うおすすめインターネット回線:ポケットWiFI編

光回線は使い放題という魅力はありますが、一人暮らしだと相性がよくない人も多いでしょう。

  • 工事をしたくないorできない
  • 外出先でインターネット回線をよく使う
  • そこまでデータ容量を使わない など
このような人は光回線ではなく、モバイル回線を使うのがおすすめです。

モバイル回線の中には、ポケットwifiやホームルータ―といった種類がありますが、次のサービスが人気になっています。

キャッシュバック月額料金
ソフトバンクエアー公式4,880円
モバレコAir17,000円1~2ヶ月目:1,970円
3~24ヶ月ヶ月:3,344円
25か月目~:4,880円
代理店NEXT30,000円4,880円
GMOとくとくBB WiMAX31,500円1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
UQ WiMAX13,000円3,880円(別途機種代金)
カシモWiMAX初月:1,380円
1ヶ月目~:3,610円

大きく分けてWiMAXとソフトバンクエアーが有名ですが、この中でも申し込み場所によっても、料金が変わってしまいます。

そこで一人暮らしと相性のいいサービスを、状況に合わせて紹介するので、選ぶ目安にしてみてください。

持ち運びならWiMAX

外出先でインターネット回線を使う予定の人には、ポケットwifiを使いましょう。

その中でもWiMAXは、auの回線を使って通信をするため、安定した通信速度が出ておすすめです。

しかしWiMAXも、申し込み場所によって、支払う料金まで変わってしまいます。

  • GMOとくとくBB:キャッシュバックが高額で、全体的にお得
  • UQ WiMAX:公式運営元だから安心感が強い
  • カシモWiMAX:シンプルなプランでわかりやすい
このようにそれぞれ特徴も違うので、自分に合った申し込み場所を見つけると、損をしなくて済むでしょう。

自宅ならホームルーター

持ち運びができるポケットwifiと違い、ホームルーターはプラグから電源を供給できるため、バッテリーの心配をしなくていいのが特徴です。

もちろんモバイル回線を使っているため、工事が不要のため、光回線のように使えます。

ホームルーターは、大きく分けて2つのサービスがあるので、これも用途によって選びましょう。

  • ソフトバンクエアー:ソフトバンク回線
  • WiMAXホームルーター:au回線
モバイル回線の種類が違うだけで、後はほとんどの似たような特徴です。

どの回線が入りやすいか確認して決めると、契約後に安心して使えるでしょう。

 

ちなみにホームルーターも、申し込み場所によって、月額料金やキャッシュバックの金額も変わってきます。

上記で紹介した表を参考に、合ったものを選びましょう。

一人暮らしでインターネット回線を使う用途とおすすめ回線

一人暮らしでのインターネット回線選びは、基本的に用途によって、おすすめのサービスが変わります。

そこでそれぞれの条件に合ったおすすめの回線を紹介するので、それを参考に選んでみてください。

基本は光回線を選ぶと損はありません。

  • コスパ重視:So-net光プラス
  • 通信速度重視:NURO光
この2つから選ぶと、損をせずに一人暮らしでインターネット回線を楽しめます。

通販を見るだけならコスパ重視

インターネット回線を使うといっても、そこまで頻繁にインターネットを使わないのなら、次の2つを選べば間違いありません。

ほとんどの人が、この2つで事足りるはずです。

戸建てマンション
So-net光プラス1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目~:5,580円
1~24ヶ月目:2,480円
25ヶ月目~:4,480円
excite光4,360円3,360円

短期で使うのなら「So-net光プラス」がおすすめです。

3年目以降は高くなってしまうので、そこだけ注意しましょう。

 

長期で使う予定なら、excite光を使えば間違いありません。

長く使える上に、解約しても違約金が発生しない点も魅力です。

オンラインゲームで遊ぶなら速度の安定性

最大通信速度回線
NURO光2GbpsSo-net
auひかり1GbpsKDDI

インターネットのヘビーユーザーなら、NURO光かau光を使いましょう。

この2つのインターネット回線は、独自回線を使っているため、安定して通信ができます。

一人暮らしでオンラインゲームが気軽にできるので、試してみましょう。

 

ちなみにSoftbankユーザーなら、NURO光を選んでください。

スマホの割引があるので、お得に利用できるはずです。

auユーザーならauひかりを使うと、スマホの料金がお得になります。

動画視聴時間が長い人は光回線を選べば間違いなし

動画視聴をしたいのなら、光回線を選ぶのが基本といっていいでしょう。

それは次のような特徴の違いがあるからです。

プラン
光回線基本使い放題
モバイル回線データ容量に縛りあり

モバイル回線は使い放題と謳っていますが、データ容量を使いすぎると、速度制限になってしまいます。

実質使い放題ではないので、注意しておきましょう。

  • 高画質動画を見る:NURO光
  • YouTube程度しか見ない:auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光
このように選ぶと、損をせずにインターネット回線が使えますよ。

一人暮らしで使うのは4種類のインターネット回線がある

一人暮らしで使うインターネット回線は、いくつかの種類があります。

それぞれメリットやデメリットがあるので、選び方に注意しましょう。

用途によっては、上記でおすすめした回線を使うと、不満を感じてしまう可能性もあります。

自分に合ったインターネット回線を知るためにも、特徴を知っておくといいでしょう。

固定回線(光回線)

固定回線とは、簡単にいうと光回線です。

物理的に光ファイバーを通って、自宅やマンションなどの建物に電波が来るようになっています。

そしてwifiルーターなどで、スマホやパソコンに電波を届けて、通信ができるわけです。

基本的にデータ容量を気にせず使えるため、一人暮らしなら固定回線を使っていれば、損をしなくて済むでしょう。

 

しかし光ファイバーを通す必要があるため、工事をしなければいけません。

工事ができない建物に住んでいると利用できないため、注意が必要です。

 

また工事費用が余分にかかる可能性もあるため、初期費用が高くなってしまうでしょう。

そこが大きなデメリットですが、工事費を無料にするキャンペーンを用意してある業者もあります。

選び方によっては、損をしなくていいので、契約前によく下調べしたほうがいいでしょう。

ポケットwifi

モバイル回線を使ったインターネット回線の中でも、ポケットwifiは持ち運びに特化させたサービスです。

外出先でも使えるので、外でインターネットをよく使う人と相性がいいでしょう。

  • WiMAX(au回線)
  • その他のモバイルルーター(ソフトバンク回線)
大きく分けて2つに回線が主流ですが、どちらも実質使い放題のプランはありません。

通信速度が制限される可能性もある上に、場所によって通信が安定しないので、注意する必要があります。

 

しかし工事をする必要がないので、契約して端末が届けばすぐに使えるでしょう。

手間をかけたくない人は、ポケットwifiを使うのがおすすめです。

ホームルーター

モバイル回線を使うサービスの中でも、自宅でインターネットをよく使う人は、ホームルーターを使いましょう。

こちらも工事が不要のサービスです。

手続きも簡単なので、手間をかけたくない人はホームルーターを使いましょう。

  • WiMAXホームルーター
  • ソフトバンクエアー
このように2つのサービスが主流ですが、申し込み場所によって月額料金や、使えるキャンペーンに違いがあります。

損をしたくない人は、よく調べてから申し込むをしたほうがいいでしょう。

スマホのテザリング

今スマホを使っているのなら、テザリングという方法を使ってしまうのもひとつの方法です。

テザリングとはスマホを使って、パソコンなどの通信を行う方法になります。

インターネット回線を使うのは、「仕事だけ」というライトユーザーには、スマホのテザリングだけでも問題ありません。

しかしスマホを使うだけに、次のようなデメリットもあるので覚えておきましょう。

  • スマホのバッテリーが減りやすい
  • 回線が安定しにくい場合もある
  • 電話で通信が遮断される場合がある
このようにインターネット回線をメインに作られていないので、応急処置として使うようにしてください。

メインで使うのは、上記の回線を使ったほうが無難です。

一人暮らしでインターネット回線を選ぶ際のポイント

一人暮らしでインターネット回線を選ぶ場合、何を基準に選んでいますか?

じつは選ぶポイントを間違えてしまうと、損をしてしまう可能性がかなり上がります。

そのポイントは大きく分けて7つあるので、それぞれ覚えておきましょう。

  • 月額料金とキャンペーン
  • 違約金の有無
  • 住む場所(戸建てorマンション)
  • 開通工事
  • 用途
  • 対応エリア
  • キャッシュバック
インターネット回線について詳しくない人は、この7つのポイントを意識して選んでみてください。

月額料金とキャンペーンが1番大事

ほとんどのインターネット回線は契約している限り、月額料金を永久に支払い続けないといけません。

そこでインターネット回線を選ぶ際に、月額料金を必ず確認しておきましょう。

インターネット回線の中には、複雑な料金設定をしているケースもあります。

 

よくわからないうちは、インターネット回線は避けてしまうのもおすすめです。

シンプルでわかりやすい料金設定だと、損をしなくて済みます。

また月額料金が安くなるキャンペーンがある場合は、条件をよく読んで利用してしまいましょう。

トータルで計算して、お得になるインターネット回線を選んでみてください。

違約金が発生するか確認必須

いくら月額料金が安いからといって、違約金が発生してしまうインターネット回線は、一人暮らしには不向きでしょう。

それは引っ越しで解約しないといけない場合、多額の支払いが発生してしまうからです。

違約金がいくらかかるのか確認して、損をしないようにしてください。

 

またインターネット回線の中には、契約期間が設けられていないサービスもあります。

引っ越しが必ず必要な場合な人は、そのような違約金がかからないインターネット回線を選んでみるといいでしょう。

戸建てorマンション?

インターネット回線の料金は、戸建てよりマンションのほうが、月額料金が安いサービスがほとんどです。

月額料金を安く抑えたいのなら、マンションのような集合住宅を選ぶのもいいでしょう。

 

しかしマンションの場合は、自由に工事ができません。

光回線のような固定回線を選ぶ場合は、ンションオーナーに相談する必要があります。

そこだけは注意したほうがいいので、選び方のひとつの目安として参考にしてみてください。

工事ができるorできない・したくない

インターネット回線の中でも、光回線のような固定回線の場合は、工事が必要なケースがあります。

壁に穴を開ける作業が必要なので、工事を避けたくなる人も多いでしょう。

壁を傷つけたくない人は固定回線ではなく、モバイル回線を使ったサービスを使うのもおすすめです。

工事が不要で、すぐインターネット回線を使えるようになります。

 

また工事までの時間がかかる場合、応急処置としてホームルーターを契約する人もいるでしょう。

光回線のような固定回線だけにこだわらず、うまくホームルーターを利用するのも、インターネット回線をストレスなく使うひとつの方法です。

回線選びは用途によって分ける

一人暮らしをする場合、自由にインターネット回線を使えます。

人によって使い方が大きく違うのも、一人暮らしの特徴なので、インターネット回線も用途によって使い分けましょう。

  • 外出が多い:ポケットwifi
  • 引っ越しが多い:違約金がない光回線
  • 自宅でいる時間が長い:高速通信ができる光回線
  • あまり通信をしない:テザリング など
上記のように、インターネット回線の種類も豊富です。

自分に合ったインターネット回線を見つけてみてください。

対応エリアをよく見る

インターネット回線の中には、全国どこでも利用できるサービスと、使えない地域がある回線があります。

そのため引っ越しする直前に、利用できないと気付くケースもあるでしょう。

スムーズに利用できるようにするためにも、対応エリアをよく確認してから、サービスを選んでください。

 

また対応エリア内であっても、通信が遅いといったサービスも中にはあります。

特に場所に大きく影響されるモバイル回線を使う場合、通信速度が安定しないエリアもあるはずです。

口コミをよく読んでおくと、サービスを使う前に確認ができるでしょう。

キャッシュバックの金額で選ぶのは最終手段

インターネット回線を探していると、キャッシュバックを大きく謳っているサービスがあると思います。

契約すればお金がもらえると、金額だけを見てインターネット回線を選んでいないでしょうか?

 

じつはインターネット回線業者の中には、高額なキャッシュバックで集客しているところもあります。

よく条件を読んでみると、ほとんどの人が適用されないといったケースもよくあるので、注意しておきましょう。

 

またキャッシュバックは、最初だけお得になりますが、長期で使う予定なら損をする人もいます。

キャッシュバックはある程度絞り込んでから、金額で決めるようにしてください。

この選び方をすると、キャッシュバックに惑わされなくなるはずです。

一人暮らしでも簡単にできるインターネット回線の申し込み方法

インターネット回線を契約する場合、で申し込みから工事まで、すべて1人で済ませないといけません。

少し面倒に思うかもしれませんが、そこまで難しく考えなくても大丈夫です。

  1. 代理店を調べる
  2. 引っ越し先が対応しているか確認
  3. ネットで申し込み
  4. 工事費を確認する
大きく分けて4つの順序を頭に入れておくと、インターネット回線が使えるようになります。

代理店をよく調べる

インターネット回線は、たくさんの業者があり、選ぶのに苦労するはずです。

その中でも損をしないようにするために、次のような代理店選びをしてみましょう。

  1. 月額料金やキャンペーンを確認
  2. 運営元を確認
  3. 口コミを確認
この3つを確認しておくだけで、安心してインターネット回線を使えます。

月額料金やキャンペーンは、自分がどこまでお得に契約できるか計算するために、公式サイトを中心に確認してください。

 

特にキャンペーンは、日によって内容が変わっている可能性があります。

代理店の公式サイトを見て、金額などを参考にインターネット回線業者を絞り込みましょう。

 

そしてある程度絞り込んだら、代理店の運営元がしっかり明記されているか確認します。

悪徳業者の場合は、しっかり運営会社の名前が書かれていないため、信用度を見るためにチェックするといいでしょう。

最後に口コミを見て、安心して利用できるか確認してみてください。

これだけで代理店選びで損をしなくて済みます。

引っ越し先が対応しているか確認

インターネット回線の中には、場所によって使えないケースがあります。

いくら魅力的なインターネット回線でも、利用できないので注意しましょう。

ちなみに公式サイトに対応マップを使って、詳しく紹介されている場合があるので、確認しておくと安心です。

ネットで申し込み

申し込みをする場合は、ネットを使うのがおすすめです。

電話で受け付けされている場合もありますが、受付時間が決まっていて融通が利きません。

ネットでの申し込みは必要事項を入力できれば、いつでも受け付けてくれます。

 

またネットで申し込みをすれば、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンが利用可能です。

お得に一人暮らしでインターネットを使いたいのなら、ネットから申し込みをしましょう。

工事日を調整する

固定回線を利用した場合のみ、申し込みをした後に工事費を調整しないといけません。

 

立ち会い工事の場合がほとんどなので、必ずスケジュールを調整しましょう。

 

ちなみに工事に立ち会っても、作業をするのは業者だけです。

難しい事はしなくていいので、そこは安心して申し込みをしてくださいね。

一人暮らしで使うインターネットでよくある疑問

インターネット回線について調べていると、よくわからない情報が出てきませんか?

じつはインターネット回線についてある程度理解できれば、そこまで悩む必要がない内容ばかりなので、このタイミングで把握しておきましょう。

インターネット料金が無料にマンションがあるって本当?

引っ越し先を探していると、インターネット回線が無料のマンションがあるでしょう。

じつは無料のマンションには、すでに回線の引き込み工事が完了しており、家賃などの料金が込みになっています。

そのため自分で契約する手間がなくなるので、安心して引っ越ししても大丈夫です。

マンションでも工事をするの?

マンションに引っ越した場合でも、固定回線を使うケースのみ、インターネット回線のための工事は必要です。

ただしマンションの場合は、管理人であるオーナーがいるため、必ず契約前に連絡しないといけません。

工事で壁に穴を開けるなど、物件が傷つく恐れがあるからです。

余計な出費が必要になるかもしれないので、必ず契約前の連絡を忘れないでください。

 

また上記で紹介したように、すでに工事が完了した物件の場合、入居してすぐインターネットが使えるケースもあります。

引っ越し前に確認しておくと、スムーズにインターネットが使えるでしょう。

通信が遅いのはなぜ?

インターネット回線を契約したのに、通信速度が遅いと感じた経験は多いでしょう。

これは周辺に住んでいる人が、同じ回線を使っているからです。

インターネット回線というのは、道路と車の関係と同じと思っていいでしょう。

 

利用者が増えれば、道路が渋滞するように、通信が遅くなってしまうからです。

通信速度を意識するなら、周辺に回線の利用者が多いのか確認してから、契約したほうがいいかもしれません。

まとめ

一人暮らしでインターネット回線を契約する場合は、基本的に光回線のような固定回線を使うといいでしょう。

それは回線をいくら使っても、通信制限などもなく、使い放題だからです。

 

しかし工事が必要になるため、手間がかかってしまうデメリットも持ち合わせています。

これが嫌なら、モバイル回線を使ったポケットwifiや、ホームルーターを使いましょう。

契約して端末が届けば、すぐにインターネット回線を使えます。

 

また代理店選びにも注意しないと、損をしてしまうので注意してください。

お得なキャンペーンと見せかけて、使いにくいインターネット回線を使わされてしまう可能性もあるからです。

公式サイトで情報をよく確認し、口コミなどを見て使い勝手を見れば間違いありません。

光回線のような固定回線の場合は、工事費などの調整も必要なので、契約前に確認してから申し込みをしましょう。